本文へ移動

青梅トピックス

社会福祉法人 青梅市社会福祉協議会からのお知らせ

学童保育のこどもたちからのメッセージ 「100のありがとう風呂」
2020-09-19
階段にメッセージが貼り出してあります
お子さんたちが一生懸命書いてくれたメッセージがいっぱい
見ていてあたたかな気分になりました
今日はお~ちゃんも一緒に取材に行きました!!
お~ちゃんも入りたそうですが、手すりで我慢してもらいました(笑)
梅の湯の皆さん、朝の忙しい時間にご協力ありがとうございました!!
大きなお風呂にあったかいメッセージ
本日から、河辺温泉 梅の湯さんで「敬老の日100のありがとう風呂」が開催されております。
 
このイベントは、ありがとうのメッセージが書かれたヒノキの入浴木100個を湯船に浮かべるというもので、このメッセージを青梅市社会福祉協議会で運営している学童保育(第二こどもクラブ、第四こどもクラブ、第7こどもクラブ、成木こどもクラブ、友田こどもクラブ、千ヶ瀬こどもクラブ)のお子さんたちが書いてくれました。
 
お子さんたちが書いてくれたメッセージや、それがどんなふうにお風呂に浮かんでいるのか、梅の湯さんに見学に行ってまいりました。
 
まず、入口の階段には、お風呂に浮かんでいるヒノキをポスターにして貼り出していただいています。男女のお風呂に50個ずつ浮かべてあるメッセージが、ここで全部見ることができます!
 
お風呂場に入ると、大きな浴槽にメッセージの入ったヒノキと一緒に、アヒルたちもいっぱい浮かんでいました!!なんだか自然と笑顔になってしまうお風呂でした。
 
ヒノキを見てみると、お子さんたちがご高齢の方々や周りの方々に向けて、メッセージやイラストを一生懸命書いてくれた様子が見て伺えました。
 
こちらのイベントは本日から9月22日(火)まで開催されています。
 
詳しくは河辺温泉 梅の湯ホームぺージ
 
 
をご覧ください。
TOPへ戻る