本文へ移動

地域福祉権利擁護事業

1.地域福祉権利擁護事業とは

「地域福祉権利擁護事業」は、認知症や精神障害等により、日常生活を営むのに支障がある方に対し、福祉サービスの利用に関する相談・助言や、手続・支払等の援助を行うものです。サービスを利用するためには、本人(利用者)と社会福祉協議会と契約をかわします。

2.どのような人が使える制度?

次のすべてに該当する方が対象となります。
●判断能力が不十分な状態にある方(認知症や物忘れのある高齢者、知的障害者、精神障害者等)。
●在宅での日常生活を営むために必要な福祉サービスを利用する際に、本人のみでは適切に行うことが困難であると認められる方。
●この事業における、契約書を取り交わすための判断能力を持っていると認められる方。

3.どのようなことをしてくれるの?

次の1)を基本に、希望や本人の状況などに応じて、2)・3)のサービスをあわせて利用することができます。

1) 福祉サービス利用援助(基本サービス)
●福祉サービスについての情報提供、助言
●福祉サービスを利用する際の手続き
●福祉サービスの利用料の支払い手続き
●福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き など

2) 日常的金銭管理サービス(オプション)
●年金や福祉手当の受領に必要な手続
●税金、社会保険料、公共料金、医療費、家賃などの支払い手続き
●日常生活に必要な預金の払戻し、預け入れ、解約の手続き など

3) 書類等の預かりサービス(オプション)
●金融機関の貸金庫における大切な書類のお預かり

お預かりできる書類
年金証書・預貯金の通帳・権利証・契約書類・保険証書・実印・銀行印 など

4.利用料はどのくらいですか?

相談や契約までの手続きは、無料です。
契約をした後、実際の支援については、有料 になります。
・生活支援員が訪問して援助します(1時間1,500円。1時間を超えた場合、30分ごとに600円を加算します)。
・書類等を預かります(1ヶ月1,000円)。
 

5.利用するにはどうすればいいのでしょうか?

権利擁護センターおうめへお問合せください。担当職員がお伺いします。
権利擁護センターおうめ  電話 0428-23-7868

お問い合わせフォーム
(ご連絡の際は、希望サービス・連絡を取る方のお名前・社協よりお電話をする際の連絡先を明記して下さい)

苦情解決

苦情解決

ホームヘルプサービスを利用していたり、老人ホームに入っている福祉サービス利用者が、提供を受けているサービスに対して苦情があり、サービス提供事業者 に直接訴えずらい場合、その苦情を受付けて問題解決。
相談日・時間:随時。事前にご予約ください。

お問い合わせ

地域・相談係へ  電話 0428-22-1233 お問い合わせフォーム
※ご連絡の際は、希望サービス・連絡を取る方のお名前・社協よりお電話をする際の連絡先を明記して下さい。

TOPへ戻る