沿革

青梅市社会福祉協議会のあゆみ

●昭 和
昭和37年青梅市社会福祉協議会創立
昭和41年法人格取得
昭和42年ねたきり老人実態調査
昭和44年
第2こどもクラブ開設
共稼ぎ家庭と児童との問題調査
昭和45年ひとりぐらし老人調査
昭和46年青梅市福祉センター落成
昭和47年しろまえ児童学園開設
昭和50年第1回青梅市社会福祉大会開催
昭和52年
収益事業開始
青梅市よりの出資金200万円で運用基金創設
昭和54年
視覚障害者用「声の広報」発受送事業開始
昭和55年法人化15周年記念チャリティーバザー開催
昭和56年国際障害者年記念青梅市社会福祉大会開催
昭和58年青梅市福祉センターへ事務局移転
昭和59年ボランティアセンター開設
昭和60年老人食事サービス開始
昭和61年視覚障害者用「声の広報」発受送事業開始
昭和62年自立センター運営事業受託
昭和63年一人ぐらし老人ふれあい旅行開始
●平 成
平成3年法制化25周年福祉大会開催
平成5年
福祉バス運行開始
しろまえ児童学園・自立センター事業が青梅市福祉事業団へ移管
平成6年
地域福祉活動計画(第一次)の策定
ハンディキャブ運行事業開始
平成7年福祉大会とボランティアまつりを統合し、総合福祉まつりを実施
平成10年希望の家福祉まつりと統合した「青梅市ふくし祭」を開催
平成11年
学童保育事業
午後5時を午後6時まで延長保育の開始
平成12年
地域福祉権利擁護事業本格スタート
地域福祉活動計画(第二次)の策定
平成13年福祉センター管理業務を市から受託
平成14年NPO法人等の参加をふまえた「ボランティア活動等推進基本指針」を策定
平成17年
青梅市ふれあい公社と統合し、在宅福祉サービスを実施
青梅市ボランティア市民活動センター設立
地域福祉活動計画(第三次)の策定
平成18年福祉センター・学童保育の指定管理を受託
平成19年青梅のふくしキャラクターお~ちゃん誕生
平成23年青梅ボランティア・市民活動センター5周年 NPOフェスタin青梅 開催
平成24年
青梅市民ふくし祭からお~ちゃんフェスタに名称変更
大越正則会長就任
青梅市と災害ボランティアセンター設置に関する協定書締結